瀞蒼圏

手記

6 月の主な予定

  • しょうよ
  • 浪費

6月4日(金)俺はやめるつもりはない、浪費することを

平日のアキバって良いですね

午前中に某ベンダー試験を受験、午後からは半休取得して秋葉原に。

今日の浪費
[JPG] DBP-1B4H25 ? DIR-1040SS ?

DBP-1B4H25 と表記してあり、型番明記されたバーコードにシールで修正が入っていました。が

[JPG] DIR-1040SS

どう見ても DIR-1040SS です。

[JPG] DIR-1040SS + sc330T-S

ベイは全て埋めました。ベイは全て埋めました。
大事なことなので 2 回言いましたよ。購入したのは 3 個ですが

[JPG] DIR-1040SS と 付属 SATA ケーブル

この数になると、ケーブル付属は本当にありがたいです。

[JPG] DIR-1040SS + sc330T-S

壮観。

旧 T-ZONE 跡地の DOS/V パラダイスには何度か足を運んでおり、今回も 1 個目は DOS パラで¥ 9,800 でした。

その後、はじめての FreeT に。店舗自体は旧 Faith, USER'S SIDE のテナント(と言っても何度か移転してるんでしたっけ)の 1F でした。そちらは在庫が 2 つあり、片方は展示品でしたが値段が¥ 7,480 だったので飛びつきました。

お値段的な話でいうと Amazon 価格¥ 12,470 (2011-06-04 現在) なので、3 個購入で今回の差額は¥ 12,650 。なんと 1 個分。やったね!

通販は便利すぎて多用しがちですが、裏路地にはまだまだ浪漫が散りばめられているようです。

一言

いよいよ次は内部設計に!?

6月18日(土)でんげん!

ダラダラと組み続けて

電車で寝過ごしたあげく、終電過ぎてたのでタクシーで帰宅。まぁ当日の残業代でペイできる範疇だったので……よくない…よね。

今日の浪費
[JPG] Antec EA-380D-GREEN 外見

ありがとう amazon さん。もう少し箱をですねェ…クロネコさん……。

[JPG] Antec EA-380D-GREEN 中身

簡易包装(全部紙類)は捨てるの楽。いいね!

[JPG] Antec EA-380D-GREEN 中身2。

未だに 120mm とか 135mm とかのでっかいファンで風当てるよりも、80mm でまっすぐエアフロー作った方が吹き溜まり無くて良いと思うのです。

[JPG] sc330T-S + EA-380D-GREEN

アルミ製故、5 インチベイから後ろまでぶち抜いてあって、かつ電源のっけるガイドまで付いてるのは安心。
でも 12mm ファンの排気口はどう見ても流れ遮るデザイン。せめて六角穴にしてくれれば...

[JPG] sc330T-S + EA-380D-GREEN 2

筐体上面も取っ払えるので電源交換が楽。故障せず頑張って欲しいけど

[JPG] sc330T-S + EA-380D-GREEN 3

ある意味前面吸気から排気まで一直線の理想的エアフロー(持論)。

[JPG] sc330T-S + EA-380D-GREEN 2

とりあえず 4pin コネクタは接続。
電源側に一番近いコネクタを一番下に。そこから順に上に繋ぎ、末端にある FDD 用コネクタは筐体上部に隠しました。遊ぶ配線を極力減らす工夫(持論)。

組んでから思い出した電源容量。 5V ラインが 20A あるから WD の 1TB (500mA) 12台でも余裕だった!結果オーライ

一言

いい加減に M/B 決めたいけど、AM3+ ソケット対応板が出てこない... AM3 で妥協するか...?

6月26日(日)感動の最終回!

ダラダラと組み続けて

次世代ストレージサーバ(笑)(仮)の製作もいよいよ残りわずか!

今日の浪費
[JPG] 必要なモノたくさん

マザボと CPU クーラーと、SATA のインターフェースカード、そして HDD 。SATA のカードは取り忘れでもう一枚あったりします。

[JPG] ASUS M4A88TD-M/USB3 と Athlon X2 260u

まずはマザボから。 CPU は別途バンドルで購入した Athlon X2 260u 。TDP25W 1.8GHz のテンション低いヤツ。

[JPG] ASUS M4A88TD-M/USB3 と Athlon X2 260u

ZOA で確保した CPU クーラー、NINJA3 。ディスコンらしく、アキバの店舗を散策しましたが、大手では取り扱いが終わっている模様。ファンレスと言えば忍者。そんな時代があったんですが。。。

[JPG] ASUS M4A88TD-M/USB3 と Athlon X2 260u のアップ

忍者はリテールのマウンタでは取り付けできないので取っ払います。つまり、捨てます。

[JPG] ASUS M4A88TD-M/USB3 と Athlon X2 260u のアップとグリス

付属のグリスをモリモリ。コレは乗せすぎた例。面倒なのでそのまま取り付けします。どうせ無駄な分は押し出されるので、酷い場合は拭き取る程度に。
(ヒートスプレッダが当たり前になって久しいですが、実際に CPU のコアがあるのは中央部ちょこっとだけ。ソコんとこにグリスが乗れば目的は達成できるので、本当に少量でいいんですよー

[JPG] ASUS M4A88TD-M/USB3 と Athlon X2 260u と 忍者参

裏からねじ止めして固定。心配されたグリスもはみ出ることなく許容量に収まった様子。ねじ締めはマザボ固定位置で上側 2 カ所を気持ちややきつく、下側 2 カ所を気持ちやや緩く締めてます。自重による圧を考慮。

[JPG] ASUS M4A88TD-M/USB3 と Athlon X2 260u と 忍者参とメモリと。

メモリ挿して一段落。ここまで真っ青。こいつをケースに組み込みます。

[JPG] ASUS M4A88TD-M/USB3 と Athlon X2 260u と 忍者参 in sc330T-S

無事固定完了。

[JPG] ASUS M4A88TD-M/USB3 と SATA4P-PCI、SATA2I2-PCIe

残念ながらここで赤色登場。後日友人 ruy 氏よりもう一枚払い下げてもらい、空きスロットは PCIe x16 のみとなる予定。 x16には高い NIC でも挿しましょうか?

[JPG] SATA4P-PCI、SATA2I2-PCIe にケーブリング

ケーブル配線。
まずは総数の半分、6 台。今回は全てのポートを半々で使う構成に。オンボード、PCI カード、PCIe カードそれぞれの半分のポートを埋めます。

[JPG] SATA4P-PCI、SATA2I2-PCIe にケーブリング

残り半分を接続して完了。さすがに美しくはいかないですね。遊ばないように随所で固定はします。エアフローもあるので、少し真面目に。

[JPG] HTS543216A7A384 FLK x2

システム用 HDD 。大事なので 2 個買いましたよ?

[JPG] HTS543216A7A384 FLKx2

うすうす 7.5mm 厚。5 インチベイに 8 台は入るのではないかと思ってしまう驚きの薄さ。

そんなわけで、この後 PCI に増設したカードに HDD 繋いで OS のインストールまで完了しました。実際のストレージ用の HDD はまだ購入してませんが、 1TB で 9.5mm 厚の型が出たらしいので、12.5mm で 1.5TB くらいのブツが出たら飛び込んでみようかとも妄想中。如何せん同時購入 10 台という暴挙になるので、ソコくらいは少し品定めしたいと思います。

一言

久しぶりに…鈴虫の予感……!